八街西教会(伝道所)

教会案内

神は独り子を世にお遣わしになりました。
その方によって、私たちが生きるようになるためです。
ここに、神の愛が示されました。(聖書のことば)

“神さまの愛にこたえて神さまを愛しかえすことのほか何も、
望んでおられないという事を”
知る時こそ幸いになれます。(ブルンナーの書より)
どうぞお出でを心よりお待ちしています。ご一緒に神さまの愛を解らせていただきましょう。

日本キリスト教団 八街西教会(伝道所)について

2005年7月10日 日本キリスト教団の伝道所として開所いたしました。
現在会員数は11名。中国語を母国語とする方が5名います。
礼拝の聖書朗読と説教は、中国語でも聞けるようにしています。

集会の案内

  1. 日曜礼拝: 毎日曜日 午前10:30~11:30より
    礼拝後、聖書の輪読会をしています。
  2. 教会学校: 
  3. 早天祈祷会: 
  4. 祈祷会: 毎木曜日 夜7:30より 
    ちいろば 榎本保朗牧師旧約聖書講座のテープでみことばにふれます
    植西牧師を介してのみちびきを得られます
    次回は 列王記下  1章です。

家庭集会: 

当教会はエホバの証人・モルモン教・統一教会とは一切関係ありません。
聖書のみを信じる正統派キリスト教会です。

ご連絡先

日本キリスト教団 八街西教会(伝道所) 牧師 植西光雄

所在地: 千葉県八街市大関177-27

Tel/Fax: 043-442-3766

Mail Address: uenishi.mitsuo@gmail.com

2019年2月10日 説 教 要 旨

聖 書 ルカによる福音書 6;1~11

説 教 題 「 安 息 日 論 争 1~5節を読みます。イエスの弟子たちの宗教生活をほかの宗教の人たちから見ると、あまり断食もしない、 祈祷をしない、むしろ飲み食いばかりしている世俗的な姿に見えるとユダヤ教のファリサイ派から批判が出まし た。それに対してイエスは キリスト教を新しい力のある「新しいぶどう酒」になぞらえて、この「新しいぶど う酒」には弾力のある「新しい革袋」が必要なのであると弁護なさいました。その「新しい革袋」の具体例とし て古くから伝わるユダヤ教の安息日の生活が取り上げられていると考えても良いのだと思います。また、断食と 祈りを度々するか、どのくらいするかと言うのははその人その人の好みの問題でありますが、安息日と言うのは 、はっきり明文化されたモーセの律法でありまして、はっきりと規定されているものに対してイエスとイエスの 弟子たちはどういう態度を取るのかという問題に移っていると考えても良いと思います。

请看1-5节。 其他宗教家看看耶稣门徒的宗教生活,门徒们都不禁食,不祷告,一只吃喝了,看起来他们应该是世 俗的人了,所以犹太教法利赛人就批判门徒了。对法利赛人耶稣把基督教例如有新力量的《新葡萄》就辩护门徒说 这新葡萄酒需要有更软性的《新皮袋》。那个《新皮袋》,就具体例子来说,应该用从古传过来的犹太教安息日生 活来说明的。禁食,祈祷,怎样做好,这也都靠各人所想做的。安息日是明文化的摩西律法,是明确规定的,耶稣 和门徒怎样对应呢? 就是这个问题。

「安息日」と言うのは、週の最後の土曜日、丸一日仕事をやめると言うこの制度は、旧約聖書によりますと、 遠い昔、神様がイスラエル民族を選ばれたときの契約のしるしとして、定められたものであります。エゼキエル 書20章10節から、「わたしは、彼らイスラエルをエジプトの地から連れ出し、荒れ野に導いた。そして、彼らに わたしの掟を与え、わたしの裁きを示した。人がそれを行えば、それによって生きることができる。また、わた しは、彼らにわたしの安息日を与えた。これは、わたしと彼らとの間のしるしとなり、わたしが彼らを聖別する 主であることを、彼らが知るためであった。」19 20節「わたしはお前たちの神 主である。お前たちは、わた しの掟に従って歩み、わたしの裁きを守り行い、わたしの安息日を聖別して、わたしとお前たちとの間のしるし とし、わたしがお前たちとの神、主であることを知れ。」と。出エジプト記などのモーセの律法を見ますと何度 も何度もこの安息日の掟が出てくるのです。

《安息日》是一个星期的最后一天,星期六,在这天不做任何工作,他们有这制度了,据旧约说在古旧时代神选择 以色列民族时候,神给他们为合约的纪念,所规定下来的。在以西结书20章10节说《我就使他们出埃及地。领他们 到旷野我的律例赐给他们、将我的典章指示他们.人若遵行就必因此活着。又将我的安息日赐给他们、好在我与他 们中间为证据、使他们知道我耶和华是叫他们成为圣的。》 19-20节说《我是耶和华你们的 神、你们要顺从我的 律例、谨守遵行我的典章、且以我的安息日为圣.这日在我与你们中间为证据、使你们知道我是耶和华你们的神 。》 看了出埃及书等摩西律法书,这安息日规定重复出来几次了。

 エゼキエルが「わたしの安息日を与えた」と神様の言葉を伝えている通りに、神様が6日間、天地創造の御業 を続けられましたが、7日目にはその仕事をやめて被造物を祝福することに専念なさいました。この神様の安息 日に倣って、今度は人間の方も神様の祝福をいただくように日常の仕事を休む、これが安息日であります。とこ ろが、紀元前587エルサレムがバビロンによって滅ぼされ、ユダヤ人のおもだった人たちがバビロンに捕らえ移 される。そしてその子孫たちもどんどん外国で生活を続けると、いわゆる「離散のユダヤ人、ディアスポラのユ ダヤ人」の方が本国のユタや人李も増えると言う時代になりますとだれが本当のユダヤ人であるか、誰がイスラ エル人であるのかと言う目印としては、昔のように神殿に詣でて礼拝を続けると言うことはないわけですから、 結局割礼を受けていることと安息日を守ることが、この二つが神の民イスラエルのしるしとして非常に大切なも のとなったわけです。

正如以西结传说神的话就说《我给你们安息日》,神在六天继续工作天地创造。第七天神不做工作转念祝福被造物 。靠这的安息日,人人也休息不日常工作一边享受神的祝福,这就是安息日。可是公元前587年耶路撒冷被巴比伦 灭绝了,主要的犹太人都被捕囚转移到巴比伦了。犹太人子孙也都在外国生活去了。到时候,所谓《离散的犹太人 ,·Diaspolas的犹太人》比本国犹太人已更增多了。这时候谁是真正的犹太人,谁是以色列人呢,没有明确的记 号,因为并不是与以前古来时候一样,不能去神殿继续礼拜,所以有割礼和保守安息日,有这两个是很重要作为神 的子民以色列。

 でも、割礼は男子しか受けませんし、裸にならなければわからないしるしです。外国でどんどんユダヤ教が布 教されて、男も女も回心してくると、回心してユダヤ教徒になったしるしとしては、誰が見ても7日目にピシッ と仕事を休む安息日の過ごし方が、実質上イスラエルのしるしとなったわけであります。ファリサイ派と言うの は、ユダヤ教の中でも布教に熱心な宗派でありました。ですから彼らは、新しく入ってくる信者たちにも、安息 日を重んじるように、安息日はこのように過ごすのだと言う細々としたことを教えたのでした。たとえば、安息 日にエスカレーターに乗るときも、行く先のボタンを押すのは労働にあたるから、ボタンを押さなくてもよい各 階止まり乗るそうです。たまたま、ある安息日にイエスと弟子たちが歩いていたとき、弟子たちが「麦の穂を摘 んだ これはファリサイ派によれば、「刈り入れ」労働である。それから「手でもんだ」というのは、ファリ サイ派の教えでは「脱穀」作業である。ですから、「安息日にしてはならないことをなぜするのか」と言うので あります。「安息日にしてはならない」と言うのは、「安息日にすることが合法でない、律法に合わない」と言 う意味であります。ルカ福音書は他の福音書よりも多くこの安息日論争を取り上げております。安息日に何が合 法的であって、何が合法的でないかと言うことをめぐってイエスとユダヤ教とが対立した事件を多く取り上げて おります。

可是割礼只有男人的。要裸体而做的。在外国犹太教兴旺了男女都回心做门徒了,都要第七天停工休息,这实际上 是以色列人的记号了。法利赛人在犹太教中也是很热心传道的。他们对新门徒也要求保守安息日。在安息日不要按 电梯,因为按电是劳动一种,所以不按电,都上各楼层停的电梯。有一个安息日耶稣和门徒经过麦地.他的门徒掐 了麦穗、用手 搓着吃。用手搓着吃,这对法利赛人来说是《在安息日不可做的》《在安息日做的不合法,不合律法。》 路加福 音书比其他福音书论安息日更多。多说在安息日有什么合法,多提了耶稣和犹太教的对立事件。

 9節まで進みますと「あなたたちに尋ねたい。安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行う ことか。命を救うことか、滅ぼすことか。」13章16節まで進みますと、18年間病にとりつかれた女をイエスはい やされます。「この女はアブラハムの娘なのに 18年もの間サタンに縛られていたのだ。安息日であっても、そ の束縛から解いてやるべきではなかったのか。」ここでは「べき」と言う義務を表す表現を使っておられます。 次の14章3節では、ファリサイ派の家で「安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか。」こう いう問題をイエスの方から持ち出されます。

请读到9节。说《在安息日行善行恶、救命害命、那样是可以的呢。》到13章16节去了,就有一个女人、被鬼附着 病了十八年.腰弯得一点直不起来。主说《这女人本是亚伯拉罕的后裔、被撒但捆绑了这十八年、不当在安息日解 开他的绑么。》 在14章3节说《安息日治病、可以不可以.》耶稣本人先自己问这问题了。

イエスはお答えになった「ダビデが自分も供の者たちも空腹だった時に何をしたか、読んだことがないのか。 神の家に入り、ただ祭司のほかにはだれも食べてはならない供えのパンを取って食べ、供の者たちにも与えたで はないか。」と言われました。そして彼らに『人の子は安息日の主である。」と言われました。この言葉につい て新たに学んだことがあります。ルカはダビデについてパウロの説教と言う形でこの問題を非常に需要な言葉で 明らかにしております。「それからまた、サウルを退けてダビデを王の位につけ、彼について次のように宣言な さいました。『わたしは、エッサイの子でわたしの心に適う者ダビデを見出した。彼はわたしの思うところをす べて行う。』神は約束に従って、このダビデの子孫からイスラエルに救い主イエスを送って下さったのです。」( 使徒13;22~23)ダビデはただ血筋の上でイエスの先祖にあたるのではなく、ダビデは特別に神の「心に適うもの 」神のみ旨を「すべて行う者」として選ばれ、そしてこの子孫から救い主イエス・キリストが送られてきたと言 うのです。ダビデが聖別されたパンの律法について一見非合法に見えるようなことをし、また させておられる のも、本当の神の御心から言うと適ったこと、神のみ旨を行っているのだと言うことを主イエスは明らかにした いわけです。

耶稣回答说《经上记着大卫和跟从他的人、饥饿之时所作的事、连这个你们也没有念过么。他怎么进了 神的殿、 拿陈设饼吃、又给跟从的人吃.这饼除了祭司以外、别人都不可吃。》 保罗说《既废了扫罗、就选立大卫作他们 的王.又为他作见证说、『我寻得耶西的儿子大卫、他是合我心意的人、凡事要遵行我的旨意。』从这人的后裔中 、 神已经照着所应许的、为以色列人立了一位救主、就是耶稣。》 主耶稣表明自己只做神的旨意。

榊原先生は「聖書全体は文字が大事なのではなくて、これを書かせて与えておられる神様のみこころが大事な のです。神様の御心をイエス・キリストが人となって私たちにはっきりと教えてくださったのです。このイエス ・キリストを通して表された神の御心を通して聖書を読む。このことが「人の子は安息日の主である」と言う意 味であります。」と説明しておられます。 榊原先生曾经说过《圣经本身并不是文字重要,却是神旨意重要的。耶稣基督做人把神旨意明明地教给我们了。通 过耶稣基督所显示的神旨意,我们要读圣经。这就是《人子是安息日的主》的意思

2018年12月23日 説 教 要 旨

聖 書 イザヤ書 11 ; 1~10

説 教 題 「 平 和 の 王 」

アドベントの第四主日、今朝与えられました御言葉は、イザヤ書11章です。このところもクリスマスの時によく 読まれる所であります。小見出しが「平和の王」となっております。イザヤ書は旧約聖書の中で最も多く新約聖書 に引用されており、40章以下にはメシア来臨の預言があり、53章には苦しみを受けるメシアの預言もあります。神 様が救い主の到来を約束して下さった恵みに思いを馳せたいと思います。

待降节第四周的主日,今早的说教是以赛亚地11章。这个地方也在圣诞节时是经常提倡的。小题说《和平王》。以 赛亚书在新约里是应用最多的旧约圣经。40章一下有救主来临的预言,53章也有吃苦救主的预言。我们今天多想神的 恩典,就给我们救主到来的应许。

1 2 節を読みます。「エッサイの株から一つの芽が萌え出で その根から一つの若枝が育ち その上に主の霊が とどまる。 知恵と識別の霊 思慮と勇気の霊 主を知り、畏れ敬う霊。」とあります。エッサイはベツレヘムの 羊飼いでした。「エッサイの子」と言う呼び名には軽蔑の意味が込められていたと言うことです。(Iサム20;27) イ ザヤは「ダビデの株」と言わずに「エッサイの株」と言っています。「インマヌエル」がダビデの家から生まれる ことを予期しながら、罪と背信のダビデの家ではなく、新しい時代にふさわしいメシア像を予言するためにエッサ イを選んだようです。切り株だけを見たなら、人間の目には絶望しかありませんが、神は絶望の中から新しい芽を 生え出でさせられます。

请看1,2节。说《从耶西的本必发一条、从他根生的枝子必结果实。耶和华的灵必住在他身上、就是使他有智慧和 聪明的灵、谋略和能力的灵、知识和敬畏耶和华的灵。》 耶西是在伯利恒养羊的。 说《耶西的儿子》,这呼叫意思含 有侮蔑。(撒母耳上20:27) 以赛亚并不是说《大卫的本》,却是说《耶西的本》 《以马内利》是要在大卫家属里 所出来的,有这预想,可是不靠有罪和背信的大卫家属,还是选择了耶西,就预期与新时代适合的救主印象。只注目 树本,人就只能看绝望,可是神从绝望让树本发新芽了。

私は北海道にいた時、山で木を切る仕事を手伝ったことがあります。北海道では、木を切るのは冬から早春のこ ろが多いのです。冬になれば雪が熊笹を押さえつけてくれるので、どこでも自由に動くことができます。運搬も雪 の上をそりで運ぶことができますから山仕事にはよい時期でした。北海道では切り株から新しい芽が出ることなど 思いもつかないことでした。大きな木も小さな木も、一度根元を切ると終わりで、残った切り株は朽ちていくだけ です。でも、本州では、切り株から新しい芽が出て育つので、20~30年に一度切って、同じ株から目を出させて、 繰り返し使っておりました。クヌギやならの木を燃料や木炭、キノコの栽培に最近まで使っておりました。エルサ レムでも、ゲッセマネのオリーブの木はローマ軍が占領したときに全部切られてしまいましたが、その切り株から 新しい芽が出て、成長し、今も毎年実をつけているそうです。

我在北海道时,在山上做过伐木工。在北海道做木工是从冬天到早春的时候较多。到冬天下雪压住竹叶,哪儿都能 自由去。木材也在雪上滑过搬运去,这样做木工很有便利了。在北海道不能想从树本发芽这情况。不管大树小树,切 树了再不能发芽就陈朽了。可是在本州从切开了树本上再发芽成长,所以伐木了后有20-30年了从同一树本再发芽了成 大树,重新再伐木了。各样树木做成燃料或木炭,也用在养蘑菇了。在耶路撒冷,客西马尼的无花果树在罗马军占领 的时候都被切光了。可是它们树本再发芽成长了,现在每年都结果子了。

インマヌエルには「主の霊」が留まると言われています。それは知識と識別の霊として現れ、また、思慮と勇気 の霊として現れ、主を知り、恐れ敬う霊として現れると言われています。物事の真実を見抜く力を身に着け、実際 の行動や意思決定と関わる時、思慮と勇気が必要になってきます。また、主を知り、畏れ敬う霊は、深い人格関係 を意味し、神への信仰と敬虔が強調されていると言うことです。聖霊が留まった結果、まず神との関係においては 、主を恐れることを喜ぶ、主への恐れが心の内からあふれ出る姿勢であります。また、人との関係においては、こ のメシアが王であり統治者であることを当然としており、裁きをする場合、表面的な印象によって左右されないと 言うのです。

据说以马内利留有主的圣灵。他做知识和识别的灵就出现,还是做思虑和勇气的灵而出现,知觉主敬畏的灵而出现 。知道事实真实,决定实际行动,都需要思虑和勇气。还有知道主敬拜他的灵意味人格很深,强调向神的信仰和虔诚 。有圣灵了,就能喜乐神敬畏神了。从心里溢出来敬畏主的精神。在人人关系上都有这救主是大王,统治主的思想, 所以在判断的时候没有表面印象的影响。

弱い人とは、権利を奪われた無力な者、貧しい人とは、搾取され、苦しめられている者を意味し、いずれのばあ いも、社会的な無力さが焦点になっています。メシアが来る時、彼が社会的不正を正される。正義と公平を保つ手 段は、地上的な権力、軍事力、組織ではなく、その言葉であります。「その口の鞭をもって地を打ち、唇の勢いを もって逆らう者を死に至らせる。正義をその腰の帯とし 真実をその身に帯びる。」と言われています。

软弱的人就是没有权利的,无力的人。贫穷的是被榨取吃苦的人,都在社会里无力的。救主来世时候都公正社会, 维持正义和公平,都并不是靠世上权力,军事力,组织,却是靠他的话。说《以口中的杖击打世界.以嘴里的气杀戮 恶人。》

6~9節を読みます。メシア来臨の結果、地上の平和だけでなく、被造世界における平和の回復であります。「獅 子も牛も等しく干し草を食らう。」と言われています。肉食獣が草食獣に転換するのです。イザヤは堕落以前の被 造世界を考えていたのです。そこではすべての動物が草食でありました。(創1;29.30) すべては平和であり、すべては極めて良かったのです。そして人は創造の冠であり、被造世界を治めるべきであり ました。(創1;26~28) イザヤが未来の終末的幻に目を注ぐ場合、まず、過去をしっかり見つめ、神が創造された調 和ある平和な世界に思いを馳せていたのです。

请看6-9节。救主到来的结果,被造世界能回复和平。说《狮子必吃草与牛一样》 肉食兽变成草食兽。以赛亚想了堕 落以前的世界。那时所有动物都是草食兽。(创世1:29-30)所有和平,所有极为好了。人是被创造的冠军要统治所有 被造的。以赛亚注目末日启示的时候,先要好好看过去,就思想了神所创造的有调和的和平世界。

「わたしの聖なる山においては何ものも害を加えず、滅ぼすこともない。水が海を覆っているように  大地は主を知る知識で満たされる。」と言われています。毒蛇やまむしが無害であることを意味するとも取れます が、動物ではなく人を指すとも解釈されます。被造世界の平和から、人間世界の平和へと言い及んでいると理解す るのです。主を知る知識の霊に満たされるメシアが来て、主を畏れることを喜びつつ裁きと統治をするとき主への 信頼と賛美が全地に満ち溢れるのです。

说《在我圣山的遍处、这一切都不伤人、不害物.因为认识耶和华的知识要充满遍地、好像水充满洋海一般。》能理 解毒蛇也无害了,可是应该解释这是人的意思。从被造世界和平到人类世界和平,这样理解了。知道主的知识都丰满 了,救主再来教敬畏主做审判统治,向主的信赖和赞美就丰满溢出到世界满地了。

再臨の主が来られる時、終末の平和が実現すると信じます。「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。 彼らは剣を打ち直して鋤とし 槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣をあげず もはや戦うことを学ばな い。」(イザ2;4) 宇宙船地球号の乗組員は運命共同体なのです。広い広い宇宙の中で埃よりも小さい地球ですが、し かし、ただ一つの命溢れる唯一の星なのです。その大切な地球の中で破壊と殺人の兵器を持ち続けることは愚かな ことだと思います。人類は早く「破壊と殺人の兵器は使わず、持たず、造らない」決意をすることが必要だと思い ます。

主再临的时候我相信末日和平就实现。说《他必在列国中施行审判、为许多国民断定是非.他们要将刀打成犁头、把 枪打成镰刀.这国不举刀攻击那国、他们也不再学习战事》 地球是运命共同体。地球比广泛宇宙的尘埃还小,可是只 有一个丰满于生命的唯一星星。在这宝贵的地球中有破坏和杀人兵器还继续了,这真是愚蠢的情况。人类要《不使用 破坏杀人兵器,不拿,不造》这真是需要的。

2018年12月16日 説 教 要 旨

聖 書 ルカによる福音書 1 ; 5

説 教 題 「 先 駆 者 」

アドベントの第三主日、今朝与えられた御言葉は、バプテスマのヨハネの誕生の予告のところであります。救い主の降誕に向け て準備が進められていることを学びます。5~7節を読みます。ユダヤの王ヘロデの時代と言うのは、「ヘロデ大王」と呼ばれた 人で、紀元前40年から、紀元前4年まで王位にありました。アビヤ組の祭司にザカリアと言う人がいました。歴代誌上24章に祭司 たちの24の組が書かれていますが、その10節に 第8のくじはアビヤに」と書かれていますので、そのアビヤ組に属する祭司であ ったと言うのです。 その妻はアロン家の娘の一人で、名をエリザベトと言った」とあります。

待降节第三主日,今早的说教是洗礼者约翰诞生预言的情况。要学习怎样准备救主的诞生。请看·5-7节。犹太王希律,这王也叫 为《希律大王》的,是在公元前40年到公元前4年为止就位的人。亚比雅班里名叫撒迦利亚的。在历代志上24章里说明祭司们分为24 个班。其10节说《亚希雅抽了第八签》。 他是个属于亚希雅班的祭司了。说《他妻子是亚伦的后人、名叫以利沙伯。》 二人とも神の前に正しい人で、主の掟と定めをすべて守り、非の打ちどころがなかった。」とあります。二人とも揃って神の 前に正しかったのです。しかも、主の掟と定めをすべて守り、非の打ちどころがなかったと言うのですから、すごいと思います 。「しかし、エリサベトは不妊の女だったので、彼らには子供がなく、しかも、二人ともすでに年をとっていた。」とあります 。子供が与えられることを願っていたに違いありませんが、子どもを授からないまま年をとって、子どもを授からない人生を考 えていたことでしょう。アブラハムとよく似ていると思います。アブラハムとサラも彼らには子供がなく、しかも、二人とも年 をとっていたのです。

述说《他们二人、在 神面前都是义人、遵行主的一切诫命礼仪、没有可指摘的。》他们俩都在神面前是义人。还有他们都遵行 主的一切诫命和礼仪,没有可指摘的。是很厉害了。说《只是没有孩子、因为以利沙伯不生育、两个人又年纪老迈了。》他们俩应 该很渴望生孩子。但一直没有孩子只老迈了,他们应该考虑一辈子没有孩子的生活。他们是个很像亚伯拉罕的。 亚伯拉罕和撒拉也 没有孩子,年纪也很大了。

8~10節を読みます。ザカリアは自分の組が当番で、神の御前で祭司の務めをしていたとき、祭司職のしきたりによってくじを 引いたところ、主の聖所に入って香をたくことになりました。祭司の組は24組あり、ひと組に300人くらいいたそうです。この 300人一組で24の組が ある1週間と、それからまた飛んで別の1週間と、合計一年間に2週間、神殿の務めを分担することになっ ていました。24組が1年間に2週間だけ神殿の当番になります。その時に一番大切な務めは香をたくことでした。ですからこの務 めだけはくじ引きでだれが担当するかを決めました。300人でくじを引いて、一度香たきにあたると、もう二度とく引きには参加 できません。そういうふうにしましても1年間で14人だけです。300人の全員に行き渡るのには20年余りもかかります。祭司の寿 命によっては生涯ついに一度も香をたくチャンスに恵まれずに世を去ると言う人もいたわけです。ザカリアは祭司として一生に 一度のその大切な役目にあたりました。ザカリアが香を焚いている間民衆は皆外で祈っておりました。

请看8-10节。撒迦利亚按班次要在神面前供祭司的职分、也按祭司规定抽签了,撒迦利亚中签要进入神殿烧香。祭司班一共有24个 ,各班有300个人。300个人的班有24班,一年供职一个星期,还有另外一个星期,一年供职就有2次了。24班一年供职2个星期。供 职中最重要的工作就是烧香。所以都要抽签定下谁要任职烧香。300个人抽个签,有一个中签了,那以后这个人再不能抽一个。这样 了也一年只有14个人才能烧香的。300个人全部任职都需要20年多,祭司的寿命年龄来说有一辈子没有中签机会的。撒迦利亚当做祭 司任职了烧香。他在烧香时候其他人都在外边祈祷了。

11 13節を読みます。ザカリアが祭司の大切な務めとして香を焚いている時に、主の天使が現れ、香壇の右に現れたのでありま す。ザカリアはそれを見て不安になり、恐怖の念に襲われました。天使は「恐れることはない。ザカリア、あなたの願いは聞き 入れられた。あなたの妻エリサベトは男の子を生む、その子をヨハネと名付けなさい。」と言いました。天使は「あなたのあの 一つの願いは聞き入れられた。」と言いました。ザカリアも忘れてしまうくらい長い間待っていた「子供が授けられると言う願 いでありました。天使は「あなたの妻エリサベトは男の子を生む。その子をヨハネと名付けなさい。」と言いました。ヨハネと 言う名の意味は「神は憐れみ深い」「神は恵んでくださった」という信仰深い名前であります。

请看11-13节。撒迦利亚在烧香,行着这很要紧的工作的时候,主天使显现在香坛右边。撒迦利亚看见他就很不安害怕了。天使对他 说《撒迦利亚、不要害怕.因为你的祈祷已经被听见了、你的妻子以利沙伯要给你生一个儿子、你要给他起名叫约翰。》天使说《 你的祈祷已被听见了》撒迦利亚等了很久,可能差不多忘了自己的愿望,就是《赐给自己孩子》。天使说《你的妻子以利沙伯要给 你生一个儿子、你要给他起名叫约翰。》 约翰这意思是《神怜悯很丰满》《神恩典很丰富》的信仰性的名字。

14~17節を読みます。天使はザカリアに「その子はあなたにとって喜びとなり、楽しみとなる。多くの人もその誕生を喜ぶ 。」と言いました。親が喜ぶのは当然ですが、その誕生はもっと広い「多くの人の喜びとなる」と言うのです。15節でこの男の 子の人柄が語られます。16節以下では、この男の子の任務について説明されております。彼は主の御前に偉大な人になり、強い 酒を飲まず、既に母の胎内にいる時から聖霊に満たされていて、イスラエルの多くの子らをその神である主のもとに帰らせる 。」と言われております。もともと神の民であった「イスラエル」を背教から立ち帰らせる。そしてそのイスラエルは全員では なくて、多くの子らを立ち帰らせる。あくまでも準備のできた民に限ると言うのです。 彼はエリヤの霊と力で主に先立って行き 、父の心を子に向けさせ、逆らう者に正しい人の分別を持たせて、準備のできた民を主のために用意する」働きをすると言うの です。

请看14-17节。天使对撒迦利亚说《你必欢喜快乐.有许多人因他出世、也必喜乐。》父母欢喜快乐,是很自然,可是孩子诞生 了就更广泛的《众人也欢喜快乐》(出世)。15节讲了这孩子的性格性质。16节一下有他的任务。说《他在主面前将要为大、淡酒浓酒 都不喝、从母腹里就被圣灵充满了。他要使许多以色列人回转、归于主他们的神。》 这以色列人并不是全国全民,却是很多的人要 回归神。就是心里有准备好的人民。说《他必有以利亚的心志能力、行在主的前面、叫为父的心转向儿女、叫悖逆的人转从义人的 智慧.又为主预备合用的百姓。》

18~25節を読みます。ザカリアは天使に尋ねました「何によって、わたしはそれを知ることができるのでしょうか。わたしは 老人ですし、妻も年をとっています。」この言葉は、アブラハムが神様から「天の星のような子孫を授かり、この土地を継ぐ」 というお言葉を聞いたときに神様に申し上げた言葉と同じです。これに対して天使は「わたしはガブリエル、神の前に立つ者。 あなたに話しかけて、この喜ばしい知らせを伝えるために遣わされたのである。あなたは口が利けなくなり、このことの起こる 日まで話すことができなくなる。時が来れば実現する私の言葉を信じなかったからである。」と言われました。 请看18-25节。撒迦利亚问天使说《我凭着甚么可知道这事呢、我已经老了、我的妻子也年纪老迈了。》他的话是亚伯拉罕从神 有启示说《他会得子孙很多正如天空星星,是继承这地了》的时候向神所说的话一样。天使听他说话了就回复说《我是站在 神面 前的加百列、奉差而来、对你说话、将这好信息报给你。到了时候、这话必然应验.只因你不信、你必哑巴不能说话、直到这事成 就的日子。》

なぜザカリアは口が利けなくなったのでしょうか。時が来れば実現する神の言葉を信じなかったからですが、このことの起こる まであなたは話さないと言われているのです。信じていない人の口でしゃべられたくないと言うことであると思われます。主イ エスは、汚れた霊が「あなたは神の聖者です。神の子です。」と言っても喜ばれませんでした。厳しく叱りつけ黙らせられまし た。パウロがフィリピに行った時、占いの霊に取りつかれた女がつきまとって困りました。彼女はパウロの悪口を言ったのでも 、キリスト教に反対したのでもありません「この人たちはいと高き神の僕で、皆さんに救いの道を述べ伝えているのです。」と 言ったのです。パウロのしていることをどんなに宣伝してくれても、パウロにしたら邪魔なのです。

为什么撒迦利亚不能说话了。到时候所实现的主话,他不相信了,这就是原因,可是也是因为他不可以讲这事实等到实现这话了 。不相信的人报告这事也不合适,应该有这理由。主耶稣听个污秽恶灵说《你是神的圣者。是神子了》也没有高兴。他骂恶灵很严 格不允许他再说话。保罗去腓利比的时候,被占卜灵附着的妇人一直跟随他们麻烦他们了。他并不是说保罗他们的坏话,也没有反 对基督教。只说《这两位是圣高神的仆人,给你们传救恩的道》 可是这样的人怎样宣传保罗他们,也只是他们的麻烦了。

24・25節を読みます。妻エリサベトは身ごもって5ケ月の間身を隠したのはなぜでしょうか。ザカリアが「このことが起こるま で物が言えなくなる。」と言われたことと関係があるように思われます。二人は神様のみ旨の中にいる一組なのだと思います。 エリサベトは「神はわたしに目をとめていて下さる。」と信じたのであります。天から低く下って、辱められている私に目を止 めていてくださる」と。彼らはその神様の目の前に恥ずかしくない生き方、正しい生き方をしたのだと思います。

请看24,25节。他妻子怀孕了5个月夺身了,为什么呢?撒迦利亚以前被说《你不能说话到这事实现》,可能与这个有关系。他们 俩都在神旨意中的一组。他妻子信神说《神注目我了》从天下降来注目我就是被侮辱的。他们应该在神面前生活很洁净很公正了。

2018年12月9日 説 教 要 旨

聖 書 イザヤ書 55 ;

説 教 題 「 主を尋ね求めよ  アドベントの第二主日、

今朝のみ言葉はイザヤ書55章の言葉です。 渇きを覚えている者は皆、水のと ころに来るがよい。銀を持たない者も来るが良い。 穀物を求めて食べよ。来て、銀を払うことなく穀 物を求め 値を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。」と言われます。中近東諸国で水は貴重品であり 、牛乳や酒のように売買されていたと言うことです。しかしここでは、水も穀物もぶどう酒も乳も、銀 を払うことなく得よと言われています。無代価で買うとは矛盾とも考えられますが、この矛盾した表現 を通して、神の恵みのみに信頼して受け取ることを意味しているとも取れるし、すてに主の僕によって 代価が支払われているとも解釈することができるとも言われています。(53;12) 待降节第二主日,今早的圣经是以赛亚55章的。述说《你们一切干渴的都当就近水来.没有银钱的也可以 来.你们都来、买了吃.不用银钱、不用价值、也来买酒和奶。》在中近东那边水都很贵重,是被买卖了 正与牛奶和水一样。可是在这儿说水,五谷,葡萄酒,奶都不用银钱、不用价值、也来买它们。无价买, 这可能感觉矛盾,可是用这样矛盾相似的表现来就可以说靠神恩典来取得,应该是这意思。做主仆人,我 们的代价已经付清了,这样能解释。(53·:12)

神の恵みはすべてただ(無料)なのです。人は値段をつけることはできないのです。「わたしに聞き従え ば良いものを食べることができる」と言われています。註解書には「このイザヤのメッセージは、バビ ロン捕囚からの解放のような地上的なことがらを意図していなかったことを示している。現実にイスラ エルの人々は食料を買い、腹を満たしていたのであって、ここでは、神からの恵みの賜物が、人間の側 でどのような努力や功績によっても獲得できないことを示すたとえになっている。「わたしに聞き従え ば 良いものを食べることができる。あなたの魂はその豊かさを楽しむであろう。」は1; 19節の「お前 たちが進んで従うなら 大地の実りを食べることができる。」の繰り返しである。ここでは主の僕によ る贖いによって、すべては成就したと言う背景があるので、今 神の民にとって必要なことは、神の前に 出て来て、聞くことだけである。」と解説されています。

神恩典是无价的。人都不可给价。说《你们要留意听我的话、就能吃那美物、得享肥甘、心中喜乐。》有 解释书说《这以赛亚的音信并不是巴比伦捕囚的解放那样地上发生的事情。实际以色列人能买粮食,都吃 饱了。这比喻意思是神恩典并不是靠人力,努力或功绩而获得的。1:19说<你们若甘心听从、必吃地上的 美物>》就是这话重复说的。主仆人得赎,所有的都城就了,这儿有这样背景,现在对神子民所需要的是要 近主面前留意听话就是了。

イスラエルの民は主を証する証人でしたが、その義務を遂行することに失敗しました。しかし、主の僕 は、主の御旨を全く明らかに示します。「彼は自らの苦しみの実りを見 それを知って満足する。わた しの僕は、多くの人が正しい者とされるために彼らの罪を自ら負った。」(53;11) イスラエルの人々は「 災いだ、罪を犯す国、咎の重い民、悪を行う者の子孫、堕落した子らは。彼らは主を捨て、イスラエル の聖なる方を侮り、背を向けた。」と言われています。(1;4) 彼らは悪を行う者の子孫であるばかりでは なく、彼ら自身が堕落した子らであります。彼らがなおも「子ら」と呼ばれているところに「回心」へ の望みがあるのです。 以色列子民是见证主的证人,可是失败了这责任。可是主仆人要完全明确主的旨意。说《他必看见自己劳 苦的功效、便心满意足.有许多人、因认识我的义仆得称为义.并且他要担当他们的罪孽。》(53:11)以 色列人都算为《犯罪的国民、担着罪孽的百姓、行恶的种类、败坏的儿女.他们离弃耶和华、藐视以色列 的圣者、与他生疏、往后退步。》(1:4) 他们不只是行恶败坏的儿女,自己也是堕落的子民。他们还是算为 《儿女》,这意思还有《回归改心》的希望。

6・7節を読みます。1955年訳の口語訳聖書では「あなたがたは主にお会いすることのできるうちに、 主を尋ねよ。近くおられるうちに呼び求めよ。」となっておりました。初めて読んだ時から、わたくし への呼び掛けの言葉として聞いたので、強く心に残る言葉でした。それに続く悔い改めの勧めは、神が 、神に逆らう者や、悪を行う者の近くにおられ、呼び求めるなら、お会いすることができ、立ち帰って 憐れみを受けることができると言う驚くべき真理を告げております。神に逆らう者や、悪を行う者が、 その道を離れ、主に立ち帰るならば、豊かに赦してくださると約束されています。自分の従来のやり方 を捨てて、神の恵みの声に聴き従うこと、人の目には愚かに見える福音を聞かされた時、それをそのま ま受け入れることであります。

请看6,7节。1955年口译圣经述说《你们能出来见主就出来见寻求主吧。主还在你附近了就呼叫寻求他吧 》第一次看了这经文,我觉得这是对我所叫说的,有这样印象很强了。接着这经文有悔改的劝说,这意思 就是悖逆神的人,行坏败坏的人附近有主,如果他们也呼叫寻求神了就能见主,能回归他那里取得他的恩 典,这样是惊人的真理。悖逆神的人,行坏的人离开自己的道路,却回归主了,主丰满恩典里赦免他们, 有这应许。放弃自己习惯了的做法就去听从主的话,这对人看为愚蠢的福音,但听到这福音了就要直接接 受这话。 8・9節を読みます。6・7節の悔い改めの勧めの説明をしております。神が悪人を赦してくださると言 うことは、人間の理屈に反するので、人間は悔い改めることをためらうが、それは人間の間違った考え であると言うのです。 请看8,9节。这说明6.7节的悔改劝说。神赦免给恶人,这与人伦理相反的,人不敢悔改,这都是不正确的 人思想。

10・11節を読みます。神の恵みの豊かさ、憐れみの確かさが説明されております。すでに40章の慰め のメッセージの中で、人間が草のはかなさにたとえられ、それと対照的に神の言葉の確かさが示されま した。「肉なる者は皆、草に等しい。永らえても、すべては野の花のようなもの。草は枯れ、花はしぼむ。主の風 が吹き付けたのだ。この民は草に等しい。草は枯れ、花はしぼむが 私たちの神の言葉はとこしえに立つ 。」(40;6 8) 「主を求める」「主に立ち帰る」と言うことは、御言葉のうちに示された福音を信じることでありま す。しかし、それを信じるのも、人間の力によらず、神の力によるものであることをここでは示しています。みこ とばを聞く時にみことばに伴って聖霊ご自身が働かれるのであります。

请看10,11节。神恩典很丰富,怜悯很准确,有这样说明。已有40章的安慰音信里,人很虚幻如草木那样 ,可是对这话相反就有神语言很准确说《凡有血气的、尽都如草、他的美容、都像野地的花。草必枯干、 花必凋残、因为耶和华的气吹在其上.百姓诚然是草。草必枯干、花必凋残、惟有我们神的话、必永远立 定。》(40:6~8) 《寻求主》《回归主》这是信福音,神的话。可是信福音也并不是靠人力,却是靠神的, 是这意思。听神话的时候,圣灵跟神话一起工作了。

2018年12月2日 説 教 要 旨  

聖 書 マタイによる福音書  25 ; 14~30

説 教 題 『 タラントンのたとえ 』

  アドベェントの第一週、今朝のみ言葉はマタイによる福音書25 ; 14~30です。マタイによる福音書の24章と25章は、終末の預言がまとめて記されております。24章から小見出しを見ていくと、神殿の崩壊の予告、終末の徴、大きな苦難の予告、人の子の再臨、いちじくの木の教え、目を覚ましていなさい、忠実な僕と悪い僕、十人の乙女のたとえ、タラントンのたとえ、そして、すべての民族を裁く最後の審判の預言と続きます。今日学ぶタラントンのたとえが、主イエスの最後の審判の預言の前に記されています。これは、再臨に備える「忠実で賢い僕」(24;45)について教えようとしているのだと思います。良い忠実な僕と悪い怠け者の僕の対比によって、忠実な働きによる準備が必要であることを示していると思います。

 14節に「天国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。それぞれの力に応じて、一人には5タラントン、もう一人には2タラントン、もう一人には1タラントンを預けて旅に出かけた。早速、5タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに5タラントンを儲けた。同じように、2タラントン預かった者も、ほかに2タラントンを儲けた。1タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。僕たちが管理するようにと主人から預かった財産でした。それぞれの能力に応じて預けられました。キリスト者は自分の持っているものをみな、主から預けられた大切な賜物として活用しなければなりません。私たちの能力、経験、社会的信用などの全てが、神からの預かり物であります。それらの全てについて主の再臨の日に清算を求められるのです。すべてのキリスト者は、主から委託された賜物の管理者であります。

 主イエスは、各自に委託された賜物をタラントンと言う言葉で言い表されました。1タラントンは6千デナリです。1デナリが1日の労働賃金ですから、1タラントンは6千日分、20年分の年俸にあたります。一番少ない人でも20年分の年俸にあたる賜物を預けられていることになります。すべてのキリスト者は主の御国の働きのために20年分の年俸にあたる重要な働きをする者として召されているのであります。人によって委託された金額に違いがありますが、一人一人主の財産の最も良い管理運用のために、力に応じて委ねられております。その預かり物を感謝して受け、その委託の責任に正しく応じなければなりません。5タラントン預かった者も、2タラントン預かった者も、そのような正しい態度で行動したのに、1タラントン預かった者はそうすることができず、預けられたお金を活用せず地中に埋めてしまいました。

 ここでは良い忠実な僕がどのような僕であるか教えられます。主人が帰って来て彼らと清算をしたとき、5タラントン預かった僕は預かった5タラントンに、儲けた5タラントンをも差し出して、自分のした商売の結果を報告しました。その僕を主人は褒め多くの報いを約束しました。2タラントン預けられた僕も、自分が儲けた2タラントンを差し出しました。5タラントンの僕と全く同じ言葉でほめております。僕の忠実な態度は儲けた金額によってではなく、委託された物を忠実に管理運営したことによって評価されております。良い忠実な僕に与えられる報酬は「多くのものを管理させよう」ということであります。それは天の御国を受け取ることであります。私たちの地上での働きは、天の御国におけるさらに重要な働きのための準備となるのです。御国で任せられる主の財産に比べるならば、今の預かり物がたとえ5タラントン(3億円) であっても「わずかなもの」にすぎないのです。

 つぎに「怠け者の悪い僕だ」と言われた人のことが語られています。1タラントン預かっていた者は、その大切な預かり物を商売で減らしてはならないという臆病な態度から、それを土の中に隠しておきました。それを盗もうとしたのではなく、無駄に使ったのでもありません。主人から預かっていたタラントンを土の中に隠しておきました。「御覧ください。これがあなたのお金です。」と出したときに主人は「怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。さあ、そのタラントンをこの男か取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。だれでも持っている人はさらに与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」と言われました。

 註解書の解説には「29節は人生の原理である。何事でも与えられているものを用いるなら、それはますます増し加えられて大きくなっていく。しかし、用いないなら、せっかくあるものまでも失われてしまう。真に価値あるものは、用いることによってのみ所有し続けることが可能である。」と説かれています。

inserted by FC2 system